全身保湿はこのコツが重要!

お顔のうるおい対策に取り組むことは美容のために

必要だと思いますが、同じ程度に全身の保湿にも

気を配ることが大切です。

気になる産毛などを脱毛した場合は、とくにお肌が

ダメージを受けていることがあるからです。

全身保湿のコツのポイントは

全身保湿の場合も顔と同じようにていねいに

スキンケアをする必要があります。

①部位によって使う量を調節する

全身をとりあえずしっかりと保湿するためにボディクリームを

どの部位でもたっぷりと過剰に塗ることはやめましょう。

とくに、皮脂分泌が多い背中や胸元はなどでは、

油性クリームを過剰に塗ると逆にニキビなどができやすくなります。

このような部位では、クリームは少量で使うとか、

水分をたくさん含有したミルク性のクリームを使うなどの工夫をしましょう。

②入浴の後すぐに保湿をする

長時間の入浴・熱いお湯は、お肌がダメージを受けて乾燥しやすくなります。

長時間お湯につかったり、熱すぎるお湯に入った場合には、

お肌を守ってくれている天然保湿因子が流されてしまい、

乾燥しやすくなるからです。

全身保湿のために最適な温度と時間は、40℃で15分くらいと

覚えておきましょう。

さらに注意したいことは、お風呂あがりは急速にお肌が

乾燥していくことです。

この入浴直後の保湿が非常に大切なんですね。

できる限り早くクリームなどを塗ることがポイントになりますが、

それが出来ない方は、お風呂場で身体を拭いてから

すぐにボディクリームを塗ることも効果的な方法です。

お風呂場は、プチサウナになっており、お肌に水分が残っていますので、

ボディクリームなどが浸透しやすい状態になっています。

一方、入浴直後の保湿対策をしても、まだ乾燥部位が気になるようでしたら、

もう一度保湿系クリームをつけることも効果的です。

③ボディクリームを塗る前に化粧水を使う

ボディクリームをきちんと適正に使っても乾燥肌が

なかなか治らないようでしたら、ボディクリームを塗る前に

化粧水をケチケチせずに十分な量を気になる部位に塗ってください。

一般的な化粧水で大丈夫ですので、ここでは、十分にたくさん使い

お肌に染み込ませることがポイントです。

乾燥がかなりひどい場合には、オイルを含有したクリームを

試してみることも全身保湿では重要です。

④全身を洗うときに注意したいこと

保湿のためには、全身をやさしく洗うことが基本になります。

決して身体をゴシゴシとナイロンタオルなどで擦ってはいけません。

綿製のお肌に刺激を与えないようなタオルで洗うようにしましょう。

最近のボディソープを使えばやさしく洗ってもしっかりと汚れは

流されて全身キレイになります

アンチエイジングで重要なスキンケア

スキンケアで重要なことはやはり保湿対策です。

アンチエイジングケアではなおのこと、保湿対策が大切になってきます。

目指さなければならない肌は、バランスのとれた水分量をキープし、

ふくよかでハリのある感触のある素肌です。

アンチエイジングケアでなぜ保湿が重要なの?

保湿対策はアンチエイジングケアの原則なんですが、それでは、

アンチエイジングケアにおいて、なぜ保湿が重要なのでしょうか?

お肌の水分量の保持と柔軟性は、美容面は言うまでもなく

皮膚の組織という観点においても極めて重要です。

皮膚の元来の働きであるバリア機能がしっかりと寄与して、

外部からのストレス・刺激などをブロックするためには、

角質層にバランスのとれた水分が含まれていることが欠かせなくなります。

それに対して、素肌の水分がなくなって角質層の表面がザラツキ、肌トラブルの状態になると、

皮膚のバリア機能が破綻して、そのすき間からいろいろな刺激因子が

簡単に皮膚の中へと入ってきてしまいます。その結果として、肌の荒れとなるのです。

皮膚の内側から水分が失われたインナードライ状態の場合には、、

何をおいても肌元来の機能であるバリア機能をしっかりと発揮させるために

保湿対策をひたすらに実施して、素肌のうるおいをキープすることに

傾注することをおすすめします。

保湿系化粧品の作用について

保湿系化粧品のベーシックな作用は、角質層中に水分を補う「湿潤作用」、

保湿成分を与え水分を保持することで皮膚にハリのある感じをもたせる「柔軟作用」、

水分や保湿成分などを角層中に押し込める「蒸散抑制作用」の3つに種類にわけることができます。

ただ単に素肌に水を付けても、浸透することはありません。

また直ちに蒸発してしまうため、皮膚の潤いは持続しません。

素肌を保湿するためには、皮膚表面への馴染みを良くし、

水分を保持するように原材料を創意工夫した保湿系化粧品を活用することが肝心です。

保湿系化粧品は、水分を効率的に角質層内に浸透させて、うるおいをもたらし、

皮膚表面の水分を保持しつ、蒸発を抑制する機能をもたせています。

そのため、保湿系化粧品には親水性成分や親油性成分などがバランスを考慮して配合されています。

これとは別に、保湿系化粧品では、乳液やクリームまたは、化粧水(ローション)、など

多種多様な剤型があり、それぞれの剤型種類で保湿メカニズムに違いがあります。

素肌の状態や部位によって区別して利用したり、違った剤型の保湿系化粧品を重ねて

使うことによって保湿効果が向上します。

ご自分に合う保湿対策を見極めていくことが、アンチエイジングケアでは非常に大切です。

アンチエイジングケアで見直すこととは

シミやしわ、たるみ、毛穴の黒ずみ、くすみなど、30代後半になってくると

若い頃には気になることはなかったお肌の悩みが生じてきます。

そんな中でも、肌のハリのある感じがなくなってくるとアンチエイジングケアが

大事と焦ってしまいませんか?

アンチエイジングケアより必要とされる保湿

30代から40代へとこの年代になってくるとお肌がカサカサしやすく、

乾燥によるハリの衰えも多く見られます。

お肌の皮膚表面には角層細胞が構成されていますが、その隙間を

埋めているのが細胞間脂質です。

歳を積み重ねて肌のターンオーバーが遅くなってしまうことで

細胞間脂質の分泌量もダウンしていきます。

言ってみれば、肌は、バリア機能が崩れてカラカラ状態になっているのです。

このままの状態では水分がどんどん蒸発していくのも言うまでもありません。

アンチエイジングケアはもちろん大事なんですが、

その前に、第一歩は、肌にしっかりと水分を浸透させる環境を作り、

たっぷりと保湿が維持できる肌作りをすることから始めていきましょう。

毎日の洗顔を見直してみる

乾燥が気になる季節に、洗顔はどうされているのでしょうか。

眠っている間に肌のターンオーバーが行われ、皮脂は分泌されています。

その皮脂成分などはほったらかしにしておくとたちまち酸化するので

朝に洗顔してきちんと皮脂などの汚れを落とすことが重要です。

とは言っても、それは皮脂が現れている場合のみです。

皮脂がほとんど出てこないお肌の質の場合には、1日朝と夜に

2回洗顔すると、逆にお肌がカサカサになってしまうこともあります。

さらには、そんな乾燥した肌を洗顔料でゴシゴシ洗ってしまうと、

朝の洗顔後のスキンケアできちんと保湿しても、夕方には、

お肌の水分がなくなってしまう原因にもなります。

朝のしっかりした洗顔をやめて、前日のスキンケアの残りを

化粧水でやさしく拭き取るだけにしてみましょう。

乾燥肌用化粧品を見直してみる

30代後半になってくると、いろいろなスキンケアで何を使っても

お肌のカサカサがなおらないときもあります。

こんなときには、気分も落ち込んで、はじめから自分の肌タイプはこうなんだと

諦めてしまうこともあるかもしれません。

でも、こんなときのお肌は、細胞間脂質の分泌が少なくなり、乾燥しやすくなっています。

お肌の毛穴も開いて皮脂成分が詰まりやすくなっていますから、化粧品の成分も

同じように詰まりやすくなっているのです。

つまり、肌が乾燥してなかなか治らない原因には、加齢は勿論の事

間違った自己スキンケアも影響していることも考えられます。

お肌の保湿のためと思って行なっているスキンケアが、

じつは、肌を乾燥させている場合もあるのです。

こんなときには、一度、使用している化粧品がノンコメドコスメであるかどうか

確認して、スキンケア自体を見直すことも重要です。

お肌の保湿力が弱まる原因とは

ご存知のとおり、お肌の内側の水分が蒸発しやすくなると保湿力が弱まります。

じつは、その要因が皮膚のバリア機能低下です。

さらに角質層内の天然保湿因子や細胞間脂質が減少してきて、

お肌の保湿力は低くなって乾燥肌がもたらされます。

そうならないために、このバリア機能が低下する原因について理解を深めましょう。

お肌のバリア機能が低下する原因とは?

お肌の保湿力が弱まる要因が皮膚のバリア機能低下ですが、

ここでは、そのさまざまな原因について明らかにしていきます。

①エイジング の影響

角質層内のアミノ酸などの天然保湿因子やセラミドなどの角質細胞間脂質または

皮脂膜をつくる皮脂成分などは年齢とともに減少していきます。

それによってお肌のバリア機能が低下し、肌内部の水分量も低下します。

このようになると皮膚が乾燥して表面の皮脂膜やその下の角質層に

すきまができたり剥がれたりします。

さらに外部からの刺激に弱くなりますので、肌荒れや炎症も起きやすくなります。

②ターンオーバーの乱れによる影響

お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーは、お肌の再生のことです。

角質細胞で毎日毎日生まれる細胞が、皮膚の上部に押し上げられ、

角質層に到達して古くなった角質はごく自然にはがれ落ちていきます。

このターンオーバーによりお肌のバリア機能は保持されているのですが、

正しくないスキンケア、ライフサイクルや食生活の不規則などによって、

ターンオーバーは乱れていきます。

そうなると、古くなった角質がはがれ落ちずにたまったままになり、

お肌は潤いがなくなってしまいます。

それに対して、ターンオーバーのローテーションが早くなっても、

未熟な角質細胞が組成されてしまいますので

バリア機能が低下して、お肌の乾燥が進行していきます。

③正しくないスキンケアによる影響

クレンジングや洗顔の際に、ゴシゴシと洗ったり、スクラブ洗顔料たくさん使ったり、

またピーリング、毛穴パックなどを頻繁にしてしまった場合にも

角質層はダメージを受けて水分が蒸発しやすくなっていくというわけです。

洗浄する力の強いクレンジング剤や洗顔料の利用も素肌にはオススメできません。

このような化粧品には、合成界面活性剤という洗浄成分が含まれていますので、

素肌に強い刺激を与えてしまいます。

合成界面活性剤がたくさん含まれているクレンジング剤や洗顔料を日常的に

使用していると、お肌の保湿力を支えている角質層内の天然保湿因子、

細胞間脂質、皮脂なども洗い流してしまいます。

さらに洗顔などのときに、熱いお湯ですすぎをしたり、頻繁に洗顔したりすると

同じように角質層内の保湿成分が流されてしまいます。

④紫外線による影響

紫外線は一年を通してお肌に影響を与えています。強い紫外線がお肌に受けると、

皮膚の表皮に大きなダメージを受けます。

皮膚の表面を保護する皮脂膜も機能しなくなり、皮膚のバリア機能が

衰えてしまいます。

皮膚のバリア機能が衰えると、角質層から水気が蒸発してお肌を

乾燥させるきっかけになります。

また、紫外線は皮膚の真皮内にある線維芽細胞、コラーゲンなどにも

ストレスを与えて、シワ、ほうれい線などのお肌の老化の引き金にもなります。

日差しが強いシーズンだけに限らず、一年を通して紫外線対策を

実施することが大切です。

⑤周りの空気の乾燥による影響

空気の乾燥は秋から冬にかけてピーク時期になりますが、

夏でもエアコンの室内では周りの空気は乾燥しています。

また、冬では、室内は暖房によりさらに空気は乾燥状態になりがちです。

こうした周囲の環境に長い間いることで、皮膚表面から水分は絶え間なく奪われて

バリア機能低下の原因になります。