保湿の基本はスキンケアの順番なの?

保湿系コスメと言っても、たくさんの種類がありますし、

使う順番とかタイミングも違うと言われています。

とはいえ、使う順番を間違うとその化粧品の役割が

発揮できなくなったりしますので、

やはり、使う順番は、スキンケアの基本です。

でも、じつは、もっと大事な基本があります。

使う順番よりもっと大事な基本とは?

ところで、一般的に化粧水などで水分を補給してから、

油性化粧品でフタをして水分を閉じ込めるという保湿ケアが

よく言われていましたが、最近では、この考え方が見直されているとのことです。

どうしてかと言うと、乳液やクリーム、オイルに含まれている油分は、

水分保有力としてはしっかりしていないからです。

実際どれだけ油分できちんと蓋をしても、必ずと言っていいほど

すき間があるので、その部分から水分は蒸発してしまうんです。

そこで、保湿で大事になってくるのは、肌本来の機能をサポートすることです。

お肌自体が、自力で水分を産み出すことができますし、

その水分をため込む力も兼ね備えています。

ここで、保湿成分のセラミドやヒアルロン酸などをお肌に与えて

サポートすることでより活性化します。

保湿力をその成分からチェックしてみる

化粧水だけでも数えきれないほどの種類があって、

それぞれブレンドされている成分も多種多様になっています。

けれども、化粧品のうたい文句を見るとどれも保湿力が

あるように思ってし迷ってしまいますね。

そこで、ここでは、それらの化粧品に含まれている

代表的な保湿成分を3つに分類してみます。

①保湿力が高い成分

セラミド成分は保湿力が非常に高く、有名な保湿成分です。

細胞間脂質の約40%がセラミドで、水分を貯めこんで蒸発も

防ぐと言われています。

また、このセラミドがなくなるとお肌の水分が80%も低下すると

言われています。

②保湿力が中程度の成分

ここでは、有名なヒアルロン酸が挙げられますが、1gで2~6Lの水分を

保持できるほど、高い保湿力を持っています。

セラミドよりは肌に馴染みにくいと言われていますが、水分の

蒸発を防ぎ、ハリのある肌を作ります。

最近では低分子のヒアルロン酸も開発されて、浸透率が上昇しています。

次に有名なコラーゲンですが、 セラミド、ヒアルロン酸と並んで三大保湿成分と

言われています。肌のハリを高め、水分を保持する作用を示してくれます。

ヒアルロン酸と相性が良く、併用してより高い保湿効果が期待できます。

最後は、エラスチンです。

乾燥が気になるシーズンでも、水分を維持してくれる成分です。

肌の弾力性を維持するのに欠かせない成分とも言われています。

③保質力が低い成分

天然保湿因子であるNMFは、 保湿力はそれほどまで高くないのですが、

サラッとしている使った感じになるので、化粧水に使われることが多いのですが、

最近では、このNMFを産出する酵素が見つかり、注目されています。

保湿力のまとめ

保湿成分は3つのカテゴリーに分類することができ、保湿力の高い順番から、

水分を細胞間に入れる成分がセラミド、水分をかかえ込む成分がヒアルロン酸、

コラーゲン、エラスチンとなり、最後に水分をつかむ成分がNMFとなります。

セラミドは、水分を保持する力が最も強い成分ですし、安全性も高いので、

敏感肌で苦しんでいる方でも安心して使用することができます。

最近では、このセラミド成分を皮膚の内側から増やすことによって

水分保持機能を発揮するクリームが注目されています。

こちらのクリームは、販売店舗でお試しができるとのことです。

いろんな化粧品でもなかなか良くならない方、保湿で悩んでいる方は、

このようなクリームを試してみてもいいのかもしれません。